Marketing Business 広告・キャンペーン企画 AD/Campaign広告・キャンペーン企画

よく言われるように、インターネット広告は「枠」から「人」へとシフトしてきています。従来は、各メディアのパワーとユーザー属性とを一覧にし、どのメディアのどの場所に広告を出すかを決めていたのが、最近では、どのような人に広告を見せたいかを詳細に決めることができるようになってきています。

複雑化する広告のプランニングと運用

たとえば、Googleで「A」というワードを検索した人(リスティング広告)、TwitterでB社のアカウントをフォローしている人、自社が管理するCというページにアクセスした人(リターゲティング広告/リマーケティング広告)、さらにはオーディエンス拡張を行い、Cというページにアクセスした人と似た属性/行動パターンの人などを設定ができるようになりました。

「人」を細かく指定できるようになると、よりその人に合ったクリエイティブを制作しようとなりますし、また、複数のセグメントでの広告効果を比較することもでき、広告のプランニングと運用が複雑になってきます。
また、リスティング広告により自社サイトに誘導した人にリターゲティング広告を出すような場合には、両方の広告全体でのROIを見る必要が出てきます。

スペースシップでは、広告プランニング、運用、効果検証とそのフィードバックを、広告運用パートナーとともに、広告効果測定ツールを活用しつつ進めています。

キャンペーンの成否は短期/中長期の指標で評価

スペースシップでは、広告を活用した会員獲得キャンペーン、FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを活用した会員活性化キャンペーンなどを実施してきました。

広告出稿を行った際のキャンペーンの成果は、たとえばECサイトの会員獲得キャンペーンであれば、短期的にはCPA(Cost Per Acquisition)、中長期的にはROAS(Return On Advertising Spend)と、2段階で評価することをお勧めしています。

たとえば、AとBの2つのメディアに広告を出稿した場合、会員獲得単価ではAの方がパフォーマンスが良かったが、1年後の費用対売上ではBの方が良かったというように逆転することがあるからです。ビジネス成果という意味では、ROASで評価したいのですが、そのためには1年待たねばならず、直近の施策には反映できないため、CPAを併用するという考え方です。

また、上記ではAとBを2つのメディアとしましたが、キャンペーンの企画内容、クリエイティブなどのバリエーションも考えられます。それらの組み合わせを多変量テストによって確認するということも行っています。

データ分析力、プランニング力を活かした支援実績

上記のように、広告の「枠」から「人」への変化、広告メニューの多様化を受けて、データを活用して施策を企画する、また、データに基づいて成果を評価し、次の施策につなげることの重要性がますます高まっており、

  • BtoCメーカーにおける会員向けFacebookキャンペーン、Twitterキャンペーン、オーディエンス拡張した広告出稿の企画・実行サポート・効果検証
  • 小売業界ECでの会員獲得キャンペーン評価方法策定
  • BtoBサービス企業においての広告予算配分、GDN/YDN出稿計画策定、タグマネジメント、パフォーマンス評価

など、スペースシップのデータ分析力、プランニング力を活かした、広告・キャンペーンの企画・効果検証のプロジェクトも多くなってきています。