プライベートDMPで、マーケティング施策を最適化
【ALBERT様インタビュー】


main

分析力をコアとし、「smarticA!DMP(スマーティカディーエムピー)」を用いたマーケティングソリューションを提供している株式会社ALBERT(アルベルト)。「ビッグデータ」や「プライベートDMP(データマネジメントプラットフォーム)」がトレンドワード化するいま、ますます注目を集めている。

今回のインタビューでは、smarticA!DMP提供に至るまでの経緯やプライベートDMPの現状、今後の事業展開について、ALBERTの代表取締役社長 上村 崇様に、スペースシップ代表の椎葉がお話をおうかがいした(以下、敬称略)。

創業当初からの積み重ねが「smarticA!DMP」として結実

椎葉:いま旬なキーワードの「ビッグデータ」や「プライベートDMP」という言葉は、ALBERTさんが創業した当時はまだありませんでしたよね。以前から分析力をコアにしたマーケティングソリューションを提供して来られたと思いますが、事業展開の経緯はどのようなものだったのでしょうか?

上村:創業以来、事業の方向性は変わっていません。もとはレコメンドエンジン「おまかせ!ログレコメンダー」を提供していました。その延長で、それまで培ってきたノウハウと蓄積してきた顧客データを用いて事業を拡大していこうと考えたときに、ちょうど「プライベートDMP」という言葉が海外からポンと日本に入ってきました。これをきっかけにデータを活用し、さまざまなチャネルを通してのマーケティングの最適化を行っていこうという方向に市場も動き始めたんです。

DSC_8019
株式会社ALBERT 代表取締役社長 上村 崇様

プライベートDMPという言葉に対して、日本のマーケットは、「何それ?」という反応で当初誰も定義できなかったのですが、弊社としては、自分たちがやってきたこと、やろうとしていることがまさにプライベートDMPという概念そのものだと思っていました。ですからすぐに「プライベートDMPとはこういうものです」と定義して発表でき、いまではプライベートDMPって何だろう?と調べ始めた人が、ALBERTを見つけてくれるようになっています。

椎葉:ALBERTさんのプライベートDMPソリューション「smarticA!DMP」について教えてください。

上村:企業が持つ大量データを統合管理し、分析してマーケティングオートメーションを実現するためのプラットフォームです。サイト解析ツールで蓄積されるアクセスログや、広告の配信データ、オーディエンスデータ、POSシステムやEコマースシステムに貯まる購買データ、メール配信システムで取得している配信履歴データ、その他ポイントカードの利用履歴やコンタクトセンターの対応履歴など、企業には多様かつ大量の情報があります。

このようなデータを統合管理し、分析してマーケティングオートメーションを実現するためのプラットフォームが「smarticA!DMP」で、ビッグデータ時代のマーケティングには必要不可欠なシステムとなっています。

smarticADMP_598
マーケティングプラットフォーム「smarticA!DMP」

ALBERTでは、これまでの実績の中で培ったノウハウを元に、データの蓄積・分析の部分だけでなく、最終的にどのようなマーケティング施策を講じるかという「打ち手(マーケティング施策)」の設計や、スムースなオペレーション実現までを一貫して支援しています。

椎葉:もともとALBERTさんのお客様は、顧客データを大量に保有しており、その後にECも展開し始めた大手通販の企業が多かったのではと思いますが、プライベートDMPとして展開し始めてから、お客様の業種・業態に変化はありますか?

上村:レコメンドエンジンを中心にやっていたときのお客様は、確かにECが中心でした。ですが最近では、不動産のネクスト様や、日本旅行様のような旅行代理店、また、金融機関、メーカーなど、ECに限らず導入されています。あらゆる企業がデータを活用し、データドリブンなマーケティングを行っていこうとしていますね。

プライベートDMPが注目される理由

DSC_8099
スペースシップ代表 椎葉 宏

椎葉:そのようなさまざまな企業が、いまプライベートDMPに注目しているのはなぜですか?

上村:プライベートDMPの活用を考える以前に、やるべきことがたくさんあったのだと思います。まずサイトやデータベースを作るところから始まって、データを集めないことには何もアプローチできない。それらが整ってようやく分析ツールや、マーケティングオートメーションの必要性が理解されるようになったのではと思います。

DMPについて考える際、90年代の終わり頃のCRMシステムの失敗が頭をよぎるんです。高額なCRMシステムを導入したが、結果に結びつかなかったという会社がたくさんありました。ただ、いまはその当時と比べるとマーケティングシステムを取り巻く状況が全く変わってきています。

まず、データを貯めること自体にあまりお金がかからなくなりました。昔はものすごく大きい高額なサーバを何台も買わなければならなかったのが、クラウド化の波によって劇的にコストが下がりました。そして当時できなかった、大量データを高速で解析できるようなデータマイニング技術が登場し、タイムリーなマーケティングに活用できる土壌ができたことが挙げられます。

もう一つは、打ち手の部分がネットと繋がったということ。昔はダイレクトメールを送るしかできなかったのですが、現在ではデジタルな施策を中心に組み立てることができ、さらには配信を自動化できるツールも世の中に普及しています。リアルの世界でもオンデマンドプリンティングやOtoOアプリなどが広がり、データと連係して実行できる施策が劇的に増えました。

そして最後にもう一つ重要なのが、効果検証のツールの広がりです。例えばSiteCatalystやGoogleアナリティクスなどを企業が活用して、効果検証するのが当たり前になってきました。施策を行って終わりではなく、データを元に、改善し成果に繋げられる環境ができたことがあります。

これら三つが全て揃ったので、CRMシステムが失敗した90年代のブームとは違い、本当に効果が出てきています。そして、これからもしっかりデータドリブンマーケティングをやっていこうという会社が現れてきています。

椎葉:これまでやりたくてもできなかったマーケティング施策も、テクノロジーの進化によって実現できる時代になってきたということですね。

データ分析とシステムエンジニアリングの両方がわかるプロフェッショナル集団

椎葉:創業以来やってきたことがいま「プライベートDMP」という形になり、まさに先駆者としてのポジションにいると思いますが、御社ならではの特徴というのはどのように整理できますか?

上村:もちろん大手のSI業者さんも技術力を持っているので、弊社と同じようなツールは作れると思います。しかし、本当のOne to Oneマーケティング、データドリブンマーケティングを実行に移すには、マーケティングサイエンスも理解している必要があります。

先ほどお話した「時代の追いつき感」は、コンピュータサイエンス的な話でしたが、例えばシステムは用意できても、データをどうやって、どういう視点で仮説立てて分析すべきなのか、どういう施策やキャンペーンを実行すべきなのか。もっと具体的に言えば、どのようなクリエイティブを制作するべきなのかなど、マーケティング視点を伴わないと実行できないわけです。これが、弊社の強みだと思います。コンピュータサイエンスとマーケティングサイエンスの両方を理解しているという点ですね。

また、マーケティング関連のシステムは海外から輸入されているものが非常に多く、パッケージを売っている会社もたくさんあるのですが、カスタマイズができないし、中身がブラックボックス化していて本当に正しい結果が出ているのか不透明だったり、チューニングもできなかったりします。

一方で弊社では、smarticA!DMPのコアとなる部分を自社開発しています。データを入力するだけで優良顧客の抽出や顧客クラスタリング、 時系列予測などが行える「データマイニングエンジン」や、あらゆる顧客接点において一人ひとりに最適化された接客を行うためのツール「キャンペーンマネジメント」などを自社開発していて、柔軟なカスタマイズやチューニングが可能です。これも自分たちの強みだと感じています。

やりたいのは人間が考えるクリエイティブな時間を増やすこと

椎葉:最後に、今後強めていきたいところや、新しくやりたい分野など、会社の次のステップや将来像を聞かせてください。

上村:データを貯め、自動分析して、キャンペーンマネジメントで出し分ける領域まで行ってきたのですが、その先の顧客接点のところをもっと機能強化していきたいと思っています。例えば、メール配信システムも複数のソリューションベンダーさんとAPI接続していますが、そこをもう一歩踏み込みたいなと。ABテスト一つにしても、システムで効率化、高速化して、人間が考える時間、クリエイティブな時間をもっと増やせるよう支援したいです。

椎葉:マーケティングコミュニケーション上でのユーザーへのラストワンマイルとでも言うべき部分まで、トータルで最適化していくということですね。ALBERTさんの今後の展開が楽しみです。本日はどうもありがとうございました。

website
株式会社ALBERT(アルベルト)
【事業内容】
・マーケティングプラットフォーム(smarticA!DMP)の提供
・アナリティクス・コンサルティング事業


インタビューアー:椎葉 宏、執筆:岩崎 芽依、写真撮影:北村 健

お問い合わせはこちらから


こちらの記事は「」が執筆しました。

→ 株式会社スペースシップの会社概要はこちら

→ 株式会社スペースシップのマーケティング事業はこちら