ありそうでなかった新サービス「ONI Tsukkomi(鬼ツッコミ)」【リンクライブ様インタビュー】


リンクライブ様インタビュー

Webサービスに対する本音集約ツール「ONI Tsukkomi(鬼ツッコミ)」の提供を行う、株式会社リンクライブ。一度耳にしたら忘れられない、話題のサービスの誕生秘話から意外な活用法まで、代表取締役社長 澤村 大輔様(以下、敬称略)に、お話をうかがった。

「この作業、もっと簡単にならないかな?」から始まった開発

椎葉:「ONI Tsukkomi」、非常にインパクトのあるネーミングですね。ローンチ直後のメディア掲載を拝見して、とてもおもしろそうなツールだと感じていました。

澤村:ありがとうございます。実は他のネーミングにしようかと考えていたのですが、そう呼んでいるうちに、それ以外は考えられなくなってしまいました。

株式会社リンクライブ代表取締役
株式会社リンクライブ代表取締役
澤村 大輔様

椎葉:「ONI Tsukkomi」のようなツールは、これまでなかったのではないかと思いますが、そういった手薄な部分を狙って構想を練ったのですか?

澤村:いいえ、実は私の体験からヒントを得ています。前職を退職後、ECサイトを制作して運営していたことがあったのですが、CVRがなかなか上がらないことに悩んでいました。開発や制作のサイドではユーザーの声を想像しづらいこともあり、実際にターゲットに近い友人に意見を求めることにしました。来る日も来る日も友人のアポイントを取り、サイトを見せて意見を求めました。必死にメモをとって、ある程度意見が蓄積されてきたら打ち手を考えるのですが、意見を蓄積する部分が非常に大変でした。時間も手間も、体力もいる作業で、これをもう少し簡単にできないか、と思ったことがあったのです。

私は新卒で入社した会社を3年で退職し、とにかく何か事業を始めよう、と決めていました。何をするか考えたときに、まさにこのサービスを作るべきだ、と思い至りました。

椎葉:ご自身のニーズが発端だったのですね。

澤村:はい、さすがにそういったツールはあるだろうと思って調べましたが、どこにもないんですね。また、私が作っていたECサイトでは、ユーザーの声を反映することでCVRがどんどん上がっていきましたので、このツールの効果には自信がありました。

椎葉:なるほど。そんな経験から生まれたのが「ONI Tsukkomi」なんですね。どのようなツールなのか、教えていただけますか。

ツッコミ収集から分析、レポーティングまでオールインワン

澤村:「ONI Tsukkomi」は、Webサービスに対するユーザーの本音集約ツールです。これまで、個々のユーザーがWebサービスに対して抱いている不満や要望は、なかなかWeb事業者まで届きませんでした。定量データ分析をすると離脱率などは把握できますが、その理由まではわからないので、想像するしかありませんでした。その「なぜ」の部分を見える化したのが、このツールです。実際のサービス画面はこのようになっています。

Webサービス上へのツッコミイメージ
Webサービス上へのツッコミイメージ

澤村:それぞれのサービスの、具体的な箇所に対して、「誰がどう思ったのか」を集めます。この、ひとつひとつの吹き出しを「ツッコミ」と呼んでいます。

椎葉:これだけでも、さまざまなツッコミを俯瞰的に見ることができますね。

澤村:はい。さらにこのツッコミを分析できるようになっています。集めたツッコミを、「内容が同じ」「共通の打ち手で解決できる」など、設定する課題ごとにグルーピングしていただきます。KJ法のようなイメージです。課題をあぶり出したら担当者を決め、対応の要否を判断していただきます。このツールは、APIを公開しているタスク管理ツールに接続可能なので、普段の業務フローはそのままに、ツッコミを起点とした課題を管理することができます。

また、特色のひとつにレポーティング機能があります。CSV出力はもちろん、クリックひとつでパワーポイントファイルの生成が可能です。「プロジェクトの概要」「集めたツッコミ」「ツッコミの分布」「具体的な課題」などが盛り込まれた内容になっています。

椎葉:ツッコミが集められて、分析もできて、さらにレポーティングまでできるんですね。ところで、そのツッコミは、どこから集めてくるのですか?

澤村:Web事業者が自ら回収するパターンと、弊社が連携している大手調査会社様のモニターから回収するパターンがあります。調査会社利用の場合は、年齢、性別等基本的な情報でのスクリーニングは全自動で可能です。モニターの規模は100万人程度なので、「1週間以内に~に行った方」など、特定の条件でスクリーニングをすることもできます。

お客様の問い合わせで知った、意外すぎる活用方法

椎葉:ローンチしてから、反響はいかがですか?

スペースシップ代表 椎葉 宏
スペースシップ代表 椎葉 宏

澤村:予想以上の反響をいただいています。ローンチから1週間で、大手を中心に150社以上のお問い合わせをいただきました。「ONI Tsukkomi」という名前もインパクトがあるようで、かなり話題にもしていただきました。自分の経験をヒントに開発したので、「世の中にこういったニーズはあるのかな?」と確かめる感覚でこっそり始めようと考えていたのですが、幸いなことにそのようなわけにもいかなくなりました。

椎葉:一度聞いたら忘れられないネーミングですよね。思わず「どんなサービスだろう?」と知りたくなります。やはり、問い合わせの多くはWeb事業者ですか?

澤村:Web事業者様はもちろんですが、意外だったのは、代理店の方や、コンサルタントの方からも多くの問い合わせをいただいたことです。使い方としても、社内の意見集約ツールやクライアントとのコミュニケーションツールなど、さまざまなご要望がありました。驚いたのは、コールセンターで使用したい、というご要望です。コールセンターに入ってきた顧客の意見を社内に共有するために使いたいとのことでした。

椎葉:つくりがシンプルなので、見る人によっていろいろな使い方が考えられるのでしょうね。

調査設計と、集めたツッコミをどう分析するかが大切

椎葉:聞けば聞くほど、これまで、どうしてこういったツールがなかったのだろうと感じます。ところで、ユーザーがサイトから離脱するときに、その理由をユーザー自身が言語化できないこともありますよね。その「なんとなく」の理由を、このツールで見えるようにすることは可能ですか?

澤村:このツールそのものは、離脱した瞬間のユーザーに何かを聞く設計にはなっていないのですが、先に申し上げたモニターのスクリーニングで「過去に該当サイトに来たことがあるが何も買わなかった」などの条件を設定することは可能です。そういった方の不満や本音を吸い上げることは、「なんとなく」離脱した原因を探るヒントになると考えています。

ポイントを絞り深く調査、分析をしたいのであれば、アイトラッキングによる調査などの手法が有効だと思います。一方で、全体像を知りたいのであれば、定量調査が効果的です。これまで、ほぼその二択しかなかったところに、もう少し違う手法があるのでは、とご提案をしているのが、弊社だと思っています。

椎葉:これまで、代理店やコンサルタント、Web事業者が、経験や想像で補っていた部分ですね。

澤村:はい。なんとなく想像していた部分を見える化して、ご提供しています。弊社がご提供するのは、料理でいうと材料の部分だと考えています。例えば、同じ箇所にツッコミをした方が10人いたとします。ポジティブな意見が8人、ネガティブな意見が2人だったとしても、ネガティブなツッコミをしている2人の方がターゲット層に近いということでしたら、そちらを選んで課題を設定していただくのがよいでしょう。そういった調理の部分は、お客様ご自身でやっていただく必要があります。どのような調査もそうですが、調査設計と、材料が集まった後の捌き方は非常に大切だと考えています。

椎葉:なるほど。とてもシンプルで使いやすそうなツールで、活用方法もどんどん増えていきそうですね。われわれもぜひ実際に使ってみたいと思いました。今後のサービスの機能強化を楽しみにしています。本日はありがとうございました。

website
株式会社リンクライブ

【事業内容】
・Web事業者向けプラットフォーム提供事業
-ONI Tsukkomi(鬼ツッコミ)サービスの提供
・事業戦略コンサルティング
-新規事業立案
-ネット事業戦略立案


インタビューアー:椎葉 宏、執筆:坂田 昌代、撮影:北村 健

お問い合わせはこちらから


こちらの記事は「」が執筆しました。

→ 株式会社スペースシップの会社概要はこちら

→ 株式会社スペースシップのマーケティング事業はこちら